AGA治療の内容や治療に際して処方される薬剤

男性型脱毛症と呼ばれる悩みを抱えている男性が多い

英語の頭文字をきっかけにして名付けられているのがAGAであり、日本においては男性型脱毛症と呼ばれ扱われていて、頭皮における頭髪について悩みを抱えている男性の多くが対象です。
そのような症状を対象にして行われる治療がAGA治療で、治療について理解を深めるにはAGAが発症する理由についても合わせて知っておくと、より良い判断をする事ができたり専門家に相談に行った時に専門家との間で行われるやり取りがスムーズになります。
AGAを発症している頭部に見られるのは、前頭部の生え際もしくは頭頂部などに生えていた髪の毛の量が著しく少なくなってしまう様子であり、短期間で多くの髪の毛が抜け落ちてしまうのではなく、長い期間にわたって少しずつ髪の毛の本数が減っていくのが特徴的です。
発症に際しては個々の生活習慣の他に遺伝も大いに関係していますが、どちらの事例でも共通しているのは発症した際には意識的にAGA治療を施さなければ髪の毛が抜け続けてしまう事です。
こうした症状が発症するのは髪の毛が元来成長に際して有しているサイクルが関係していて、髪の毛は毛周期というサイクルに則って新しい髪の毛が誕生したり、古くなった髪の毛が抜け落ちていくという事が繰り返されています。
いくつもの段階が存在している中で取り分けて成長するのが成長期で、成長期を迎えた後は細胞が働かなくなる退行期に移行し、退行期の後は毛自体を生み出している毛包が働かなくなる休止期になります。
また、一言で成長期とは言っても早期や中期、後期といった3つの段階に細分化されているのも特徴的で細分化された各々の段階で異なる成長をしています。
毛周期は一生涯での回数が決まっていますし、個々によって多い人と少ない人に分かれているため回数によって頭部の頭皮が目立ちやすくもなります。

#AGA #プロペシア #ザガーロ #フィナステリド 【抜け毛予防のAGA治療】当院ではプロペシアは30錠3,400円(税抜)で処方承ります。
またジェネリック薬であるフィナステリド錠やザガーロ錠もご用意があります。
詳しくは当院HPまで。

— 【継続できるAGA治療】ヘアケアクリニック (@AGA_HCC) March 15, 2021

男性型脱毛症と呼ばれる悩みを抱えている男性が多い母方の祖父が薄毛であった時にはAGAの影響を受けやすい人間はストレスを感じ続けると身体の中に体毛に影響する物質が発生する